審美歯科

Contents Menu

  • 歯を白く
  • 歯並びを美しく
  • 金属の詰めものを白く
  • 前歯を自然な美しさに
  • 歯ぐきを健康な色に

ラミネートべニア法

歯の表面をコーティング。

イメージ歯の表面をセラミック素材による付け歯によってコーティングしてしまうもので、主に歯の色を白くしたり、歯と歯のすき間を改善したり、歯の形を部分的に整えるのに最適です。また、素材のポーセレン(陶材)は磨耗や変色の心配がありません。治療期間も2回の通院で完了します。


〈ラミネートベニア法〉は、まず、最初のときに歯の表面をわずかに削って型をとります。そして、2回目の来院のときにはセラミックのシェル(付け歯)ができ上がっていますので、歯に合わせて調整し、セメントで接着します。このように、普通は2回の来院で治療が終わります。また、接着したシェルは、強力な接着力がありますので、はがれたり欠けたりすることは、ほとんどありません。
ただし、噛み合わせに問題がある場合にははがれることもあるので、事前の咬み合わせの診査が重要です。この治療法は、たんに歯を白くするだけでなく、スマイルラインとの関係や唇や顔との色彩バランスなども考慮しながら行ないます。適用できる症状は、変色した歯、すき間のある前歯、虫歯、軽くねじれている歯、欠けたり折れたりしている歯、磨耗している歯、斑状歯(はんじようし)、奇形歯、矮小歯(わいしょうし)などひじょうに範囲が広く、耐久性があり、しかも仕上がりが自然なところから、従来の歯科技術の粋を超えた理想的な治療法といえます。この方法の何よりの利点は、歯の表面0.5~0.7mmくらい削るだけで 歯を修復できるということです。 当然削る量は表面にとどまりますので、歯のもろさやセラミックとの接着などに影響されません。

  • 例1
  • 例2
  • 例3

このページのトップへ