診療案内

Contents Menu

  • 診療案内
  • 歯科麻酔について
  • 歯内治療について
  • 歯の詰めものについて
  • 訪問診療について
  • 治療計画
  • 自由診療

歯の詰めもの(インレー・クラウン)について

金の歯?銀の歯?それとも…

歯医者さんで虫歯治療をしたとき、詰めものが金属になってしまうのはなぜでしょう。実は詰め物が金属なのにはワケがあるのです。それは・・破折に強く、噛みあわせたときに詰めものが割れる可能性が低いということ。そして、歯との適合が良いため、虫歯を削った後に空く孔に対してハマリが良いという理由からなのです。

金属の詰めものでも金色の詰めものを特に『ゴールドインレー』または『ゴールドクラウン』といい、最も歯に馴染みやすく、天然歯とほぼ同等の硬さをもつことで噛みあわせる歯を痛めないという特徴があります。また、腐食による変色もないため、長期にわたって安全に患者様の歯を守ってくれます。

どうしても金属を使いたくないという場合では、『硬質レジン』という高分子プラスチックを用いた詰め物があります。これは白色の素材を用いるため、長所はなんといっても白い歯を取り戻せるということでしょう。ただし、強度はどの金属に比べても劣ってしまうため、使用する歯には事前に診査が必要となる場合があります。

インレー・クラウン

詳しくは当院医師、スタッフまでお気軽におたずね下さい。

このページのトップへ